時間の使い方下手だから、上手になる

スポンサーリンク
マインド

こんにちは、こーだいです。

時間の使い方。

人生で重要なテーマです。

充実した人生を送るなら

時間の使い方次第であるといっても

過言ではありません。

時間の使い方を変えることで人生が変わる理由】

僕は、高校の時に成功体験を経験してから

密度の濃い人生を歩んできました

ですが、このブログを始めるまでや

中学の頃は

常に、暇。

超絶に退屈です

時間は足りないことはあるけど、

精神的に暇な時間が長かったのです。

特に夏休みや冬休みン長期休みだったり、

不登校の時だったりは本当に時間の無駄をしていました。

逆に今は、

時間がいくらあっても足りないくらい

やりたいことが増えました。

だからこそ時間の密度を濃くする方法を常に考えています。

時間の使い方として大事なのは時間の密度を上げることだ

時間の使い方以前に

時間に対してまず危機感を持っているかが大事です。

危機感をもてば

その結果、時間の使い方が良くなるわけです。

で本題。

最初に前提を共有しておきましょう

僕は「忙しい」と言うことが好きではありません。

忙しくて無理。

忙しくてできない。

という発言が好きではないんですよね。

勉強でも仕事でも

忙しい人は、

時間の使い方が悪いのと、

その時間当たりの密度が低い。

時間は有限で貴重なリソースですから。

きちんと管理して

有効に配分していないともったいないわけですよ。

で、その話をすると、

どうやって、時間管理しているの?

となるのですが、

時間の使い方の細かい方法はいろいろあるのですが、

まず、時間の使い方が上手い人は

時間をきちんと見ているということです。

あ、いつの間にこんなに時間がたっていたのではなく

ちゃんと、時計を見て、今の時間を認識しているのです

で、僕はそのための方法として、

「今は、10時8分、あと、22分の10時30分までにこれをこなしていく」

といったことを音読しています。

締め切りを作るわけです

これなら、ゲーム感覚でやる気が出ますし

時間密度が上がります

最初は時間の使い方が下手だったけど

今ではこれをやるだけで

かなり時間が増えました。

【行動の優先度が分けられていない】

あと、根本的な問題として

時間の使い方が苦手な人、下手な人は

何をやるべきかの優先度が分かっていない。

そもそもやるべきことが、

イメージできていないので

じゃあやるかと思ってから、

やるべきことを考えます。

そうなると

毎回迷ったり、

考える必要のない時に、

考えて無駄な脳みそのリソースをさきますから

時間も精神も消耗するのです。

雑務的な作業だと、

どうしても退屈になりがちだから

やる気でなくて

結果的に無駄に時間を使ってしまう

ということおあるでしょうし

僕もこれには共感しますが

この場合は、

やるよりやらないほうが疲れる

と、脳内で暗唱します。

時間の使い方が上手くなるには、

・時間の使い方を知る

・やるべきことを見える化して優先度を振り分ける

といったことが必要になってくるんですね

だから、

時間の使い方を知ったところで

作業効率がよくないと元も子もないのです

だからまず、やるべきことを見える化しなければならない。

タスクをこなしていくうえで

それが優先事項です。

じゃあ優先度を振り分けるなら、

何が必要か?

という話なんですが

当然ゴールを見据えることが必要です。

【自分にとって最も大事なことを出していく】

最も大事なことは何か?

自分がやるべきことは何でしょう?

掃除でしょうか?

仕事ですか?

勉強ですか?

仕事だったら、

何の仕事ですか?

雑務ですか?

経営者、社長の仕事ですか?

会社が終わった後だったら、

飲みに行くことですか?

生産性をあげるために勉強することですか?

こうやって、優先度を決めていく。

で、大事なことをこなしていく

大事なことがタスク処理されていないままだと、

脳内のリソースはそこに永遠に割かれていて、

ずっと頭の右上に残っているような感覚で、

過ごすことになります

これでは、

フルパワーは出せなくなってしまうわけでして、

当然時間の使い方もへたになるわけですよ

時間の使い方を知っても

モチベーションがない。

やるべき仕事が分からないのであれば、

元も子もないですよね。

方法論が問題ではないということになります

僕の場合は

中学2年の時に不登校だった時は

何も考えずに生きていましたね

なんとなーく過ごしていました。

そうなってくると、時間の使い方が上手いとかではありません

だって目標がないんですもん。

今は僕は時間のを分割しまくっているので

人は変われるもんですね。

結局、

時間分割することが大事すぎ

【時間を上手に使うビルゲイツの話】

かのマイクロソフトのビルゲイツは、

「飛行機の出発時刻ギリギリに間に合うようにオフィスを出ろ。

切羽詰まった時こそ最高の能力が発揮できる」

これは本当に響いた言葉です。

こんな時ないですか?

寝坊したけど、くっそいそいで準備したら

普段より早かったりとか

これは、優先度が

選択と集中に無駄がないんですよね。

迷わないから、最高のパフォーマンスができるんですよね

すぐに行動できるようになるし、

集中力も段違いになるってわけですよ。

このマインドセットなら、

隙間時間も有効活用できます。

ぼくは、電車に乗るとき常に

本を読みます。

隙間時間ですね。

本はラインやTwitterの通知がこないので

集中できますね。

迷う時間が一番無駄なんですよね

迷っているだけで一日が過ぎることも。

ってなったら、やること限られてきますよね。

今日はこの辺で終わろうと思います。

隙間時間の使い方については

またの機会で。

それでは~。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました