【コミュ障必見!】対人恐怖症を克服する方法

スポンサーリンク
マインド

こんにちは、こーだいです。

僕は今まで、女性としゃべるのが上手いような記事を上げてきましたが、

実は根っからの対人恐怖症でした。ですが、心理学を勉強するうちに治っていったので

その過程で意識したことを書いていこうと思います。

対人恐怖症とは・・・?

対人恐怖症は基本的に「人と話す」ときに赤面したり、頭が真っ白になるのが怖くて話せなくなってしまうことです。

そして、対人恐怖症になっているときの状態としては

意識が自分に向いている」ということです。

例えば、

人と話すときに、「面白いこと言わなきゃ」「ちゃんとできるかなぁ」などのように

自分に意識が向いてるときに起こります。

対人恐怖症を治すには?

原因としては、「意識が自分に向いているから」なので

意識を自分ではないところにおくだけなんですね。


例えば、対人恐怖症の方ならわかると思うんですけど、

髪を切りに行くとき、

「お店の人とうまく会話できるかな・・」

っていう不安ないですかね?


でも、目的ってなんですか?

それは「髪を切ってもらう事」ですよね。


だから、どんなけ話せなくても髪を切ってもらえれば目的は達成です。

つまりは、「目的だけを遂行していく」

これなんです。


人と話す、スピーチをする。

その時にどんなけ赤面しようが、噛もうが、

目的が、「自分の言いたいことを伝える」にしとけば

達成しているんです。


僕はこれで治りました。

気づいたきっかけとしては、街中で人が倒れたんですね。

その時誰かにつたえなければいけない。

そうなった時、初対面の人に普段はしゃべりかけれないのに

話しかけれたんですよね。


その時の目的は「助ける事」

それを遂行するために必死でした。


そんな経験から克服してしまいました。

なので皆さんもやってみてください。

目的を作るうえでの注意点

目的を作るうえで注意点があります。

それは

「自分の出来ない事を目的にすること」


これをやると目的は達成されないので

自己肯定感が下がります。


あくまで、目的。目標ではありません。


あとは、自分に対しての反省をするな。

これです。

反省するときに自分に問うことは「目的は達成できたか? 」

これだけ。


自分ができることをやっていけばいいだけです。

このことを知っているだけで世界が変わると思います。

まとめ

・対人恐怖症は意識の問題。

・自分への意識を何かにむけるべし

・自分への反省はするな

・目的を遂行しろ

これをやれば治ります。

なので、


これを見た方はぜひやってみてください!

今日はこの辺で終わります。

最後までありがとうございました。

それでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました