ブログで意識すべきこと【語法効果】

スポンサーリンク
ライティング

こんにちは、こーだいです。

最近、心理実験結果を何かに応用できるか?

を考えて過ごしていたのですが、

良いものをみつけたので紹介していきます。

語法効果とは・・・?

話し方や言葉の表現によって相手の受け取り方の印象が変わるという効果です。

程度を表現する言葉の違いで、

影響が現れることである。


同じ内容の話でも、話し方や使う単語によって、

話しを聞く側が感じる印象が変化する心理効果が

語法効果です。

語法効果の研究

1974年ロフタス氏とパーマー氏の研究では

、自動車事故映像を見せた後に、

自動車が『衝突した』時に、車はどれほどの速度で走っていましたか? 」

という質問を行い、

この質問で表現を変えた時、相手の印象の変化がどう起こるか。

という実験。


「衝突」と「ぶつかる」で比べた結果は

聞き手に速度に違いがあるという印象を受けた。


さらに別の実験では、出来事として割れたガラスの描写はなかったのに

「割れたガラスをみましたか」という質問をしたときに回答の数を比較した。


「衝突」と「ぶつかる」では

「衝突」を使用した質問のほうが「みた! 」

といった回答が多いという結果でした。


このように、語法効果は

言葉の選び方、言い回しによって

相手の受け取り方が違ってくるよーってものです。

まとめ

結局なにが言いたいのー。

って話ですけど


言葉の選び方によって

かなりの人を引き込めるというわけです。


逆に言葉で離れていくことも。

文章を書いてる人に改めて言葉選びの重要性を感じて欲しかったので


今回の記事を書きました。

言葉を選ぶのに時間を食って文章を書くことが

進まないというのは本末転倒なので


頭の片隅にでも入れて置いたらいいと。


今日はこの辺で終わります。

最後までありがとうございました。

それでは~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました