【ブログで使える】キャッチコピーの発想

スポンサーリンク
ライティング

こんにちは、こーだいです。


今回はキャッチコピーの簡単な作り方について話していこうと思います。


今日は言葉の面白さというか、

言葉の可能性に関する話をしていこうと思います。


キャッチコピーだとか、

コピーライティングの話。


さっそくですが、

例えば、ある本があったとして、


①腹がへこむと、稼げる。

②ダイエットすれば、良いことがある。


この2つだと、どちらを魅力的、あるいは、惹かれましたか?


僕のブログを読んでくださる方のほとんどは、①の方だと思います。


しかし、

本質的に言ってることは同じなんです。


と言うのは、どちらも

「痩せろ」

この一言を言ってるわけです。


しかし、恐らく②の本の売り上げはあまり見込めないと僕は

思っています。


なぜか?その答えは。

ぼんやりとは、考えられるけど、

明確に答えるのは、難しいと思います。


これは、具体的な情報があまりにも少ないからです。

②は、とても抽象的なんですね。

情報が全然入ってこない。


もっと言えば、本を読んだ時のメリットが分からないということです。


「いい事あるって言われてもなぁー」

「あればいいけどさー」


みたいな感じになるわけです。


なんでこんな本のタイトルにしたかというと、

この作者は、太ってる人全員にこの本を売ろうとしたんでしょうね。

結果的に誰にも魅力的じゃないものになってしまったわけです。


いわば、八方美人な本なわけです。


なら、魅力的なキャッチコピーを作るのには、どうしたらいいか?

それは、超具体的にすることです。


盲腸具体的にします。


極端な例を出すと、


「30年間デブの俺が、1年で激やせした運動法則」


こんなもんですね。


超具体的ですよね。


これは、30年間デブの人には、超反応あると思うんですよ。


で、ですよ。

面白いことに、30年もデブじゃない人にも反応があるんですよね。


5年デブの人にも響くんです。


こんな感じで超具体的にしてみると、

キャッチコピーは、良くなる可能性は極めて高いです。


欲張ってはいけません。

ターゲットを超絞ります。

マーケティングの大原則で、


STP分析というものがありまして、

セグメンテーション

ターゲティング

ポジショニング


というものなんですが、


これも同じで、


市場を細分化する(セグメント化する)

細分化した市場のどこかに狙いを付ける(ターゲティング)

観客が反応するような立場を検討する(ポジショニング)

マーケティングの最初も当然市場の細分化を求められるわけです。

つまり、具体化


大きな全体の中から、どんどん細分化(具体化)する。

これは、キャッチコピーの書き方以前にどんな

ビジネスでも必須な本質的な思考方法かと。


まとめると、商品の告知を

超具体的なベネフィットにすることで、

顧客の反応を濃くしてしまおうということですね。


具体と抽象の情報を自由に行き来できるようになると、

色んなコピーが書けるし、

色々なビジネスを思いついたりするので、


意識的にコピーを見たり、考えたりする癖をつけましょう。


電車に乗ってるときでもつり革広告をみれば教材になるので、


ぜひ、意識的に広告を見てみましょう。


今日はこの辺で

それでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました