コミュ障理系大学生が遊び極めたらモテた話

スポンサーリンク
物語

こんにちは、こーだいです。

タイトルから分かるように、最初はモテなかったんですよ笑

もはや、人としゃべることすらあぶなかったです。

コミュ障をなおした記事はこちらです

モテようと努力したきっかけはコミュ障を直せたことから

くる自信でした。

どんなちいさいことでも成功させていくことが自信につながるので

みなさんも成功を積み上げていていください!

少しそれましたが、コミュ障を直すときとアプローチは同じです。

~原因~

・つまらない

・楽しませ方を知らない

・経験がない

自分の中ではこの3つでした。

一つ目から、見ていきましょう。

単純に中身のない人間はつまんないです。

長期的に彼女とかを作るとしたらここが大事になりますが

ここでは、単純に「モテる」に注目してやっているので無視です。

大事なのは、2つ目です。

どうですか?

相手がいっぱい、おいしい店やいろんな遊ぶ場所を知ってたら

その人と遊びたくなりません?

ぼくが注目したのはここです。

3つ目は経験なのですが、これは実践のみです笑

~行動~

ここからは行動ですが、二つ目に着目して行動していきたいと思います

まず、おいしい店や遊ぶ場所知る方法です。

おいしい店というよりは

ジャンル別で人気な店を自分が遊ぶ地域別で知っておけば大丈夫です!

中華、韓国、飲み屋、洋風、和風などなど

細かければ細かいほうがいいです。

あともう一つ、気にする点は個室であるかどうかです。

開かれていない空間のほうがより深い話ができるのでお勧めです。

続いて、遊ぶ場所です。

遊ぶ場所は、女子同士では敷居が高い場所などです。

ダーツ、ビリヤード、やったことないスポーツなどです。

こればっかりは、女性にきいてみてリサーチするのもありだと思います!

~まとめ~

今日の話は、1回目で打ち解けて2回目に繋げる方法です。

2回目があったら3回目があり、しまいには、遊びに誘われます。

あとは、1回目の帰るまでに2回目の約束をしておくと

確率が上がっていきます。

どんどん経験を積んで、頑張っていきましょう!

それでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました